« ようやく時代が | トップページ | ラフ&ワイルド☆ »

2010年8月 6日 (金)

この20年・・

今思えばホント試練のときだったのかなとつくづく思う。

故成毛氏が「乗り越えられる人間にだけ困難はより大きく与えられる」と
ずっといわれてきた・・何度も諦めそうになったけどね。

ただ、逃げ出したくなったというよりはアホらしくなったというのが本音。

世の中の仕組みは以外に単純で、実際色々憶測や妄想で語られる
陰謀めいた話は実際はほとんどがガセな事も多い。

結局人々はそうして人間の心理をコントロールしては情報を操作するのだ
と言う事だけ良くわかったし、それに翻弄された部分もあった。

実際陰謀などスケールの大きい話はほとんどなかった、ただの好き嫌いか
もしくは自分が知ってるか知っていないか、そしてそれを受け止められるか否か
だけの問題が多いのだ・・だからアホらしくなった。

でも成毛さんや数人居る信頼できる人間の期待を裏切りたくないというプライド
だけが自分を今までこの世界に居続けさせた・・何より結局のところ一番満足
させてくれるのが自分しか居なかったというのもある。

もはや想像もしていなかった音楽学校講師の仕事や教則本の仕事もこれは
これでオレにとって自然な流れだったのだろうと思えるようになってきた。

しかしやはり自分の居場所はそこではないと今でも思ってる。

ケリーと名乗って自分の祖国ではない場所で戦いを挑んでからオレはもう自分は
別に何人でもないと思ってる、しいて言うなら地球人という事にしたい(笑)

有史以来人間は戦争を絶え間なく続ける愚かな生き物だ・・この時期になると
核兵器の話題が絶えないが、抑止力という普通に考えると余りにも愚かな論理が
正当化されてまかり通るわけだ・・もうなんでもアリといえるだろう。

でも人間は何時までたってもさほど変わらない、それは多分人間自身が作りえない
モノだからに他ならないだろう。

気候の変化もそう、当然温暖化は危惧するべきだが地球の歴史から考えれば
あまりに小さい問題だし、結局全て人間が自分達の思い通りにならない時だけ
慌てふためいているだけの話なのだ。

とまぁスケールが計り知れなくなってしまったけど(笑)結局普段考えている悩みや
そういった小さい事は大きなものと比較すればホントどうでもいいことばかりだと思ってる。

人間が小さければ小さいほど細かい事にイチイチケチつけたり難癖を言っている
人が多い・・でももうそういう人間は相手にするだけ無駄なのだという事も良くわかった
20年だったのかもしれない。

何より自分が成長しスケールアップした事が最も大きく価値あるものになった。

超絶な教則本を出版して一番上達したのは明らかに自分だろう(笑)・・本当に
そういったことにも感謝したい。

感謝の心を忘れずに適度に暴走し、自分の道を貫いていきたいものです。

KS

|

« ようやく時代が | トップページ | ラフ&ワイルド☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもギター弾いていても、プログラムを触っていても、『同じ人に出来るなら俺にも出来る!』って思って奮闘してます。 手足がなくても走ったり泳いだりしてる人を見ると、五体満足で何言ってんだ!って思いますしね(苦笑)
でも同じ地球人でも同じにならないから、そこが本質としてオモローかもしれませんねflairhappy02 普通はそこを逆に捕らえ、打ちのめされる方が多いと思います…

先生のゴールはまだまだ先なのですよuprun
ゴールは意識すると力が半減するものですし、超絶本も前にある時はゴールの様でも通過点だったのですねw 共感しながら私も見習って通過点を沢山通って、いつか振り返った時に全ての点が線になっていればと思う今日この頃です(笑)

投稿: aifate Yuichi | 2010年8月 6日 (金) 15時57分

 試練のときにも、いかに自分を腐らずに自分の力を
着実にレベルアップするのかという地道な努力を
することを人は忘れてしまいます。20代の頃の私は
それを怠ったような気がします。刹那主義に走り、
自暴自棄に陥り、自分の目標すら見失ったという
悪循環に陥ったのです。

 私がKellyさんの教則本に出会って人生が180度変わった
ような気がします。もう一人の自分が「オマエ、まだできて
ねーじゃん」と私にツッコミを入れて、超絶に挑み続けて
いるということです。

 飽くなき向上心がなければ、人生そこでおしまいということを
この「超絶ギタリスト養成ギプス」が教えてもらったような
気がします。

投稿: kazuo0615 | 2010年8月10日 (火) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1381704/36052285

この記事へのトラックバック一覧です: この20年・・:

« ようやく時代が | トップページ | ラフ&ワイルド☆ »